モンハン、マリオのヒットで任天堂3DSに底入れの兆し

モンハン、マリオのヒットで任天堂3DSに底入れの兆し

任天堂が底入れし始めている。低迷していた携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」だが、年末商戦に向け、ここにきて定番の大型タイトルを続々と投入。国内累計販売台数はヒットの目安となる300万台を突破した(数字は以下も含め、すべてエンターブレイン調べ)。

12月1日に発売した「マリオカート7」は初週(12月1日~4日)、国内で45.2万本を売り上げた。同ソフトが発売された週の3DS本体の週間販売台数(国内)は、この時点で、本体発売初週の37.1万台に次ぐ、21.6万台を記録した。

さらに、12月10日に発売した「モンスターハンター3(トライ)G」(カプコン)は初週(12月10日~11日)の2日間だけで47.1万本を売り上げた。同ソフトが発売された週の3DS本体の販売台数(国内)は歴代1位の37.8万台を記録し、国内での累計販売台数は、300万台を超えた。

モンスターハンター(モンハン)は、シリーズ累計1900万本を誇る、カプコンの大型タイトルだ。2004年にソニー・コンピュータエンタテイメントの据置型ゲーム機、プレイステーション2(PS2)でお目見えし、その後、任天堂の据置型ゲーム機「Wii」や、ソニーの携帯型ゲーム機「PSP」などでシリーズを重ねてきた。

「モンスターハンター3G」は任天堂の据置型ゲーム機Wiiで09年に発売された「モンスターハンター3(トライ)」の後継にあたる。一方で、携帯型ゲーム機「PSP」版の「モンスターハンターポータブル3rd」が昨10年末に発売され、大ヒットを記録、さらにモンハン3rdの売り上げ増がPSP本体の売り上げも牽引した。

モンハン3rdの初速販売本数は214.6万本(10年12月1日~5日)、同期間のPSP本体の週刊販売台数は過去最高の32.7万台を記録したことから、今回の「3DS」版「モンスターハンター3G」の成果に業界の注目が集まっていた。3Gは業界関係者の期待に十分応えたといえよう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT