モンハン、マリオのヒットで任天堂3DSに底入れの兆し

モンハン、マリオのヒットで任天堂3DSに底入れの兆し

任天堂が底入れし始めている。低迷していた携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」だが、年末商戦に向け、ここにきて定番の大型タイトルを続々と投入。国内累計販売台数はヒットの目安となる300万台を突破した(数字は以下も含め、すべてエンターブレイン調べ)。

12月1日に発売した「マリオカート7」は初週(12月1日~4日)、国内で45.2万本を売り上げた。同ソフトが発売された週の3DS本体の週間販売台数(国内)は、この時点で、本体発売初週の37.1万台に次ぐ、21.6万台を記録した。

さらに、12月10日に発売した「モンスターハンター3(トライ)G」(カプコン)は初週(12月10日~11日)の2日間だけで47.1万本を売り上げた。同ソフトが発売された週の3DS本体の販売台数(国内)は歴代1位の37.8万台を記録し、国内での累計販売台数は、300万台を超えた。

モンスターハンター(モンハン)は、シリーズ累計1900万本を誇る、カプコンの大型タイトルだ。2004年にソニー・コンピュータエンタテイメントの据置型ゲーム機、プレイステーション2(PS2)でお目見えし、その後、任天堂の据置型ゲーム機「Wii」や、ソニーの携帯型ゲーム機「PSP」などでシリーズを重ねてきた。

「モンスターハンター3G」は任天堂の据置型ゲーム機Wiiで09年に発売された「モンスターハンター3(トライ)」の後継にあたる。一方で、携帯型ゲーム機「PSP」版の「モンスターハンターポータブル3rd」が昨10年末に発売され、大ヒットを記録、さらにモンハン3rdの売り上げ増がPSP本体の売り上げも牽引した。

モンハン3rdの初速販売本数は214.6万本(10年12月1日~5日)、同期間のPSP本体の週刊販売台数は過去最高の32.7万台を記録したことから、今回の「3DS」版「モンスターハンター3G」の成果に業界の注目が集まっていた。3Gは業界関係者の期待に十分応えたといえよう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT