ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル --IMFよ、世界を救え!《宿輪純一のシネマ経済学》


 さてストーリーは、今回も、アメリカ政府の極秘スパイ組織“IMF”(Impossible Mission Force:不可能作戦実行班)所属のトム・クルーズ扮するイーサン・ハントが仲間たちと決死の大活躍をする(ただし、大きいケガはしない)。

ハンガリー・ブダペストの刑務所での暴動から始まり、軽やかに脱獄を手引きする。次の任務はロシア核兵器発射コードに関する任務でモスクワ・クレムリンに潜入するが、例によって“罠”にはまって、爆破テロの巻き添えになり、イーサンには濡れ衣でテロ実行犯となる。
 
 アメリカ大統領は国家間の問題に発展することを恐れ、トカゲのしっぽ切りのように、IMFをアメリカ政府から切り離す「ゴースト・プロトコル(見えない手続き)」を発令する、とおなじみの展開。



©2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


 今回の敵は、最終戦争を引き起こし世界滅亡を狙う過激終末論者だ。彼らが目指すのは破壊のみで、決死の覚悟を持つ手に負えない組織である。

本作の特徴はもともとのテレビドラマのようにチームとしての活躍が多いという点だ。『ハートロッカー』でアカデミー主演男優にノミネートされた、分析官役のジェレミー・レナーがいい味を出している。イーサン・ハントの単独プレーの時間が長かった前作までとは違った雰囲気が出ている。
 
 もちろん、正統派ハリウッドアクション映画なので、強烈なアクションシーンの連続で、火薬もガンガン! アニメーション作家出身のブラッド・バード監督は、これが初の実写映画であり、画面がアニメのようで見やすい。

また、今回も、ブダペスト、モスクワ、ドバイ、ムンバイ……と異国を飛び回り、海外観光地巡りも満喫できる。



©2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。