【産業天気図・自動車】円高が懸念だが、震災とタイ洪水からの挽回生産で、12年度前半まで増益基調が続く


 トヨタ自動車はタイの洪水により販売台数23万台減(前期販売台数の約3%)、1200億円の減益要因を見込む。さらに円高の影響が他社よりも大きい。それでも下期回復シナリオは変わらず、通期の会社計画は営業利益2000億円(上期は営業赤字325億円)を見込む。この見通しは保守的で、挽回生産の進捗により増額の可能性が高い。

一方でホンダは自動車メーカーで唯一タイの拠点が被災しており、いまだに業績予想は非開示。四季報では通期の営業利益2350億円(上期750億円の黒字)を見込んでいる。

震災とタイ洪水からの挽回生産は、一部12年度前半に持ち越される。円高が懸念ではあるが、震災の影響がなくなるため、各社とも前年同期比では大幅な増益となりそうだ。

(並木 厚憲=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT