ブラジル景気後退入り、30年ぶりの大幅減速

インフレ率が10年ぶりの高水準に

 8月28日、ブラジルが景気後退に突入した。写真はルセフ大統領。ブラジリアで27日撮影(2015年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[サンパウロ 28日 ロイター] - ブラジル地理統計院(IBGE)が28日発表した第2四半期の国内総生産(GDP)は前期比1.9%減となり、景気後退(リセッション)に突入した。約30年ぶりの大幅な減速となる。

ロイターのまとめたアナリスト予想の1.7%減を超える落ち込みとなった。前年同期比では2.6%減。

資源・コモディティ(商品)に勢いを得ていたブラジル経済は、ルセフ大統領が就任した2011年以降に失速。同大統領が打ち出した景気浮揚策は成長を押し上げることなく、公民債務だけが拡大していった。

ブラジル中銀がインフレ抑制に取り組むなか、ルセフ大統領は今年に入り、政府支出や補助金などの削減に舵を切ったが、過去最低水準をつけている企業業況感や消費者信頼感の引き上げにはつながっていない。

第2四半期の投資は8.1%減と、8四半期連続で減少。

家計消費は2.1%減と、2001年以来の大幅な落ち込み。失業の増加や信用状況のタイト化、インフレ率が10年ぶりの高水準に達していることなどが背景にある。

スルアメリカ・インベストメントスの首席エコノミスト、ニュートン・ロサ氏は「消費の落ち込みは、経済が直面している信認の危機を浮き彫りにした」と指摘。「深刻かつ長期にわたるリセッションとなるだろう。少なくとも来年中盤ごろまで、回復は望めない」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT