電動バイクのベンチャー企業・テラモーターズ、ベトナム工場新設しアジア展開強化

電動バイクのベンチャー企業・テラモーターズ、ベトナム工場新設しアジア展開強化

11月30日から始まった東京モーターショー。展示の主役となっているのはやはりハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)だ。こうした電池で動く自動車は、コストや航続距離など本格普及に向けた課題はまだまだあるが、いずれエンジン自動車を置き換えていくことになるだろう。
 
 そうした市場の変化を見越して、世界中で電気自動車市場に参入するメーカーが勃興しているが、そんな1社が、東京・渋谷の貸しオフィスに本社を置くテラモーターズだ。
 
 徳重徹社長(写真)はシリコンバレーのベンチャー企業などに勤務したあと、「日本発で世界で勝負できる事業を興したい」、と2010年4月にテラモーターズを起業した。とはいえ、いきなり四輪車で勝負することは現実的ではないため、まずは、投資負担の少ない小型の電動スクーターから参入した。
 
 小型スクーターは、もともと長距離や高速での走行には用いられないため、電動によるデメリットは小さい。むしろ、燃費(電気代)の安さや静粛性、環境性能に優れている。コストの大部分を占める電池が小さくて済むため、車両価格もそう高くならない。

テラモーターズが扱う車種は約10万円と約15万円の2つ。別途2万円ほどの充電器が必要で、3年くらいで電池交換(それぞれ4万円、5万円)も要るが、それでもエンジンスクーターと比べてそう高くはない。
 
 家電量販店などを中心に販売チャネルを開拓している。一般的とは言えない商品だが、都市部の男性層や自治体等に販売を拡大、現在は月間販売台数150~200台の規模にまでになっている。
 
 「国内の電動バイク市場は年間約5000台。そのうち当社が2000台規模となりトップシェア。競合は自動車用品商社の副業的なところなどで、電動二輪専門メーカーは実質当社くらいのため、今後はさらに差がつく」と徳重社長は自信を見せる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT