電動バイクのベンチャー企業・テラモーターズ、ベトナム工場新設しアジア展開強化


 販売が一定の軌道に乗ったため、月次決算は10年4月から黒字に転換した。とはいえ日本では電動バイクの認知度は低いうえ、そもそも二輪市場は成長が見込めない。そこで、次のステップとして狙っているのが、アジア市場だ。
 
 12年春の稼働予定で、ベトナムのホーチミン市郊外に工場の建設に着手している。生産能力は年間1万台と、現状から一気に5倍増となる。
 
 「ベトナムなど東南アジアはもともと二輪需要が旺盛なうえ、東南アジアは排ガス汚染も深刻で、環境対策面からも電動バイクの需要は大きい。日本メーカーに対するイメージも良い。日本の電動スクーターは経済的な街乗り、という位置づけだが、東南アジアでは、デザイン性等も重視し、ミドルからハイエンドのバイク市場を狙う」(徳重社長)。
 
 また、将来的には日本や欧米などの先進国市場もターゲットに、「エンジンバイクの代替ではなく、電動でなければできないような新しいコンセプトの製品を生み出したい」と徳重社長はビジョンを語る。
(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT