"スポーツドリンク風"はこんなに危険!

日常的な飲用にひそむ、これだけのリスク

特に水分の補給として、あるいは体に良さそうなイメージで選択しやすいのはスポーツドリンクですが、スポーツドリンクの特色としては糖分の浸透圧が体液や血液に近いので早く吸収されやすいということです。

その配合バランスは塩分と糖分の調整ですが、その糖分に人工甘味料を使ってしまっては浸透圧の調整ができず、スポーツドリンクとしての役割が果たせなくなってしまいます。

さらに人工甘味料は甘さを感じますが、血糖値は上昇しにくいので脳内視床下部は糖として感知できません。そのため、ついつい飲み過ぎてしまうことも考えられます。

糖質を栄養源としている脳は、糖を感知しないと摂取量を制御できず、必要以上に飲んでしまうことにもなりかねません。

このような“スポーツドリンクもどき”を、アイソトニックやハイポトニックのスポーツドリンクと同様に、水分補給の目的でガブガブ飲んでいると、体内の水分に含まれるイオン濃度がどんどん薄くなってしまいます。イオン濃度を維持させる体の作用によって口渇感がなくなると共に、利尿作用を促してイオン濃度を調節しようとするのでかえって脱水が助長されてしまい、必要な水分補給ができなくなってしまいます。

目的によって使いわけて

一般的に糖質を避けたり、カロリーを気にする傾向があるので「糖質オフ」や「カロリー0」といったドリンクが選ばれていますが、その目的によって使いわける必要があります。

スポーツドリンクに関しては糖分や塩分などが入っていて初めて、その機能を果たせるので、人工甘味料を使ったものはおすすめできません。

そもそもスポーツドリンクとはスポーツなどによる大量の発汗に伴う水分の補給が目的ですので、日常生活の中で普段の水分補給として習慣的に飲むのには適していないことも覚えておいて下さい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT