三菱自動車が初の商用EV発売、日産やスズキへのOEM供給で充電インフラ整備も狙う

三菱自動車が初の商用EV発売、日産やスズキへのOEM供給で充電インフラ整備も狙う

三菱自動車が次世代のコアビジネスと位置づけるEV(電気自動車)の普及拡大に向けて、新たな戦略を打ち出した。国内では商用車専用として初となるEVを投入するとともに、来年をメドに日産自動車やスズキへのOEM(相手先ブランドによる生産)供給に乗り出す。生産・販売台数の底上げに加え、充電インフラの拡充も狙う両面作戦だ。

三菱自は11月24日、国内初となる商用車専用EV「MINICAB−MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」を12月8日に発売すると発表した。すでに販売している「i−MiEV(アイ・ミーブ)」に続く第2弾のEVとなる。

「ミニキャブ・ミーブ」は、軽商用車「ミニキャブ・バン」をベースにアイ・ミーブで培った技術やノウハウを導入した。総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーを搭載し、充電走行距離は標準仕様で100km、上級仕様が150kmとなる。

価格は経済産業省からの補助金制度が適用された場合で、標準で173万円から、上級は202万円からという設定。アイ・ミーブとの部品共用化により価格を抑制した。11年度の販売目標は4000台。アイ・ミーブも含めて三菱自が掲げる11年度2.1万台、12年度5万台というEV販売目標の達成に弾みをつける。

併せて打ち出した戦略が、国内向けEVでは初となる他社へのOEM供給だ。ミニキャブ・ミーブは日産とスズキにOEM供給を実施する。

「EVは立ち上がってから間もない。より多くの人に使っていただくにはパートナーが必要と判断した」。24日、東京・田町の本社で会見した益子修社長(=写真=)はこう述べた。今回のOEM戦略は、単にEVの生産・販売台数を押し上げるだけが狙いではない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。