「水商売」を離れるためにはどうするべきか

どんなに悩んでも過去は変わらない

ただし、それらはあくまでも参考レベルの話ですから、当然、最終的にはゆうさんご本人が決断される必要があります。

ところで何がしたいかも漠然としていると書かれていますから、少なくとも現時点ではやってみたいことやあこがれの仕事はないのでしょう。それが原因で、余計に行動に移せない、ということかとも思います。

そういった場合は、自分には「何ならできるか」という視点で考えてみてもいいかもしれませんね。

たとえばホストクラブで学んだことは何でしょうか。そこで学んだことや身に付けたことで想像を膨らませてみて、応用の利く自分の特徴は何かを考えてみてはいかがでしょう?

相手に幸せになってもらう接客や話術のようなことでもかまいません。何でもいいので、ご自身の特徴、これならば誰にも負けないというものを起点にして仕事を考えてみるのも手です。実際、私の友人の中には、ホスト経由で、独特の話術(本人談)で今はやり手の営業マンとして某上場企業で活躍している方がいます。

自分自身を肯定することから始めよう

もちろんそれしか方法がないわけではないのですが、何かをきっかけに行動に移してみてください。そしてそのきっかけは大概はご自身の目の前にあります。したがって、今までのご自身を否定するのではなく、肯定をしてみることが最初の一歩です。

そもそもゆうさんは生活に不自由がない、ということですから、それ自体が大きな強みです。そんなぜいたくな環境は珍しいものです。であれば、あとは挑戦するだけです。人生って、小さな挑戦を繰り返し、新しい自分を発見する旅のようなものではないでしょうか。

ゆうさんが何かをきっかけに新たな一歩を踏み出し、新しい自分を発見されることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。