米国の「給与格差」が一向に縮まらないワケ

「利益分配制度」を妨げる4つの障害

第三に、包括的利益分配制度の実効性を上げるためには「労使協議会」を設立する必要があるが、連邦法ではこれが難しい。ただ朗報もある。米国自動車労働組合は最近、テネシー州にあるドイツ所有のフォルクスワーゲン工場において、団体交渉権を求め続けながら労使協議会を立ち上げるために経営陣と協力している、と発表した。

四つ目の障害は、利益分配制度には企業文化の根本的な転換が必要なことである。経営幹部や株主は依然として労働者をコスト要因としてしか見ていない。人件費の削減と異なり、従業員のやる気の向上や離職率の低下による恩恵は、測定が困難で不確実だ。また、役員報酬の主要な決定要因である1株当たり利益に直接的な影響を与えづらい。

分配制度の普及を促すにはどうしたらいいか

企業は賃金を課税所得から控除できる。ただし上位5人の幹部については、業績連動給以外の賃金の控除額は年間100万ドルが上限となっていることもあり、ストックオプションなどの報酬が幹部のみに与えられることに拍車がかかった。だから、業績連動給に対する税控除を、利益分配制度を持つ企業だけに限定するよう求める者もいる。

米国大統領候補クリントンは、2年間で労働者に対して企業が分配する利益の15%分を税額控除するよう提案している。今こそ、より強力でより公平な成長を促進するための手立てを採るべき時である。

週刊東洋経済8月29日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。