意外と知らない、最新鋭旅客機のすごい技術

ANAとJALを支える機体の強みとは?

最新鋭旅客機の実力を知っていますか(写真はボディを延長した787-9の1号機。2014年夏にANAが受領)

国内航空大手2社の2015年4~6月期(第1四半期)決算が7月に発表された。ANAが売上高と経常利益で4~6月期としては過去最高を更新すれば、JALも営業利益と経常利益が同期では過去最高を記録。それぞれ好決算を謳歌している。

“空の勢力図”はほぼ互角

両者ともに力を注ぐのは国際線だ。欧米やアジアへの新しい路線を着々と開拓する両社の現時点での“空の勢力図”は、ほぼ互角と見ていいだろう。

ANAは2014年の夏スケジュールより羽田からロンドン、パリ、ハノイ、ジャカルタなど7路線を開設し、成田からはデュッセルドルフにも直行便を就航させた。年内にスタート予定のクアラルンプールやブリュッセル、シドニーへの3路線を含め、海外ネットワークは41都市に増える。

一方のJALも、経営破綻後は不採算路線の整理が続いたが、その後はボストンやサンディエゴ、ヘルシンキなどの新たな長距離路線に進出。就航地は36都市にまで拡大した。

それら新規路線の開拓を支えてきたのが、次世代旅客機として2011年秋にさっそうと登場したボーイング787である。

次ページボーイング787の特徴は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT