東芝、室町社長「続投」の新体制に付く疑問符

前期は赤字転落、見えない信頼回復

新体制の評価は、従来は大学教授や外務省出身者で構成されていたことを考えると、「企業経営の経験者もいてバランスが取れている」(あるアナリスト)。ただし、社外取締役の顔ぶれはそろったものの、室町社長以外の3人の社内取締役は決まっていない。

室町社長の続投も、ベストの選択肢と言えるかどうか。7月21日に第三者委員会の報告書を受けて、東芝の歴代3社長と取締役6人が辞任、室町会長(当時)自身も辞任する決意を固めていた。が、「絶対に辞めないでくれ」と、東芝OBで元社長の西室泰三相談役(現・日本郵政社長)が引き留めた結果、急遽社長に任命されたという経緯がある。

社長を引き受けた理由について、室町社長本人は、「8人の取締役が退任という事態になった。副社長の中には、田中久雄前社長の後任となるべき人材もいたが、(結果的にそういう)人材を退任させる事態になった。私がやるべきだろうと決意を新たにした」と明かす。

一方、室町氏を選んだ理由について、伊丹社外取締役は、「この緊急事態に荒波を乗り切るには、経験豊かで全社的なマネジメント経験のある、室町さんの続投が不可欠であると判断した」と説明した。

「室町社長と伊丹社外取締役が残るのはおかしい」

現経営陣の中から唯一続投する、室町氏(右)と伊丹氏の2人

室町社長は不適切会計が行われていた、2008年6月~2012年5月まで副社長を、2014年6月からは会長を務めている。7月21日の会見では、「(第三者委の)報告書に名前の記載もないし、関与していないと考えている」(室町社長)と説明しているものの、続投には疑問符がつく。

冒頭にも記したとおり、ある東芝のOB幹部は「室町社長と伊丹社外取締役が残るのはおかしい。何も変わっていない」と手厳しい。

今回の決定に対し、理解を示す声もある。ある市場関係者は、「経営の継続性を考えると、過去を理解している人がある程度残る必要もある」との見方を示す。取締役の8人がいなくなり、9月末の臨時株主総会までの時間を考えると、取締役経験者を置くのが妥当と考えたのかもしれない。

次ページ偏った収益構造が露わに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT