話し方を変えれば改善!「職場の電話」上達法

今日から実践できる3つのポイント

りえ:今回解説した「電話では、いつもより『明るい声』で『ゆっくり』話す」そして「相手が落ち着くために、時々『低めの声』を混ぜる」という2つのポイントをいつも忘れないための「コツ」があるんです。

Sさん:それは何ですか?

ポイント3 お子さんやペットの写真を見ながらしゃべる

小さな子どもやペットの写真に向って話すと、おのずと「明るく」「ゆっくり」話せます(写真:adam121 / PIXTA)

りえ:これは、よくコールセンターでオペレーターの仕事をしている人がやっていることですが、机の上に「お子さんやペットの写真」を張って、それを見ながら話すようにするんです。

Sさん:確かに、小さな子どもに話しかけるときって、おのずと「明るい声」になりますよね。

りえ:その「原理」を応用するんです。小さな子どもに話しかけるようにすることで、自然と笑顔になって「口角も上がる」。それで「声も明るく」なる。聞くところによると、オペレーターさんのデスクには、お子さんやペットの写真が張ってあることが多いそうですよ。

Sさん:あと、電話では「早口」になる傾向にあるので、早口を直すにもいい方法かもしれませんね。

りえ:そうですね。お子さんやペットの写真を見ながら話すと「早口じゃなくなる」というメリットもありますよね。小さな子どもに話しかけるときって、おのずとゆっくりの口調になりますよね。

Sさん:その「原理」も応用できるわけですね!

りえ:Sさんも、可能であれば、何か自分が「自然と笑顔になる写真」をデスクに張ってみてはいかがでしょう? 

Sさん:彼女の写真なんかデスクに張ったらドン引きされちゃいますよね(笑)。では実家で飼っている犬の写真にします!

りえ:独身のSさんの場合は、ペットや動物の写真が無難でいいかもしれないですね。

今日のレッスンのまとめ

ポイント1 いつもより「明るい声」で「ゆっくり」話す

ポイント2 時々「低めの声」で話すと、相手が落ち着く

ポイント3 デスクにお子さんやペットの写真を張って、それを見ながらしゃべる

この連載の一覧はこちら

魚住りえの「話し方講座」第3回目、いかがでしたか? 

この講座では話し方、スピーチのお悩みを持っている方からのご相談を受け付けています。こちらまで、ぜひお寄せください。

次回は「ぎこちない初対面の相手とも必ず話が弾む『質問力』」です! お楽しみに!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT