話し方を変えれば改善!「職場の電話」上達法 今日から実践できる3つのポイント

印刷
A
A

りえ:今回解説した「電話では、いつもより『明るい声』で『ゆっくり』話す」そして「相手が落ち着くために、時々『低めの声』を混ぜる」という2つのポイントをいつも忘れないための「コツ」があるんです。

Sさん:それは何ですか?

ポイント3 お子さんやペットの写真を見ながらしゃべる

小さな子どもやペットの写真に向って話すと、おのずと「明るく」「ゆっくり」話せます(写真:adam121 / PIXTA)

りえ:これは、よくコールセンターでオペレーターの仕事をしている人がやっていることですが、机の上に「お子さんやペットの写真」を張って、それを見ながら話すようにするんです。

Sさん:確かに、小さな子どもに話しかけるときって、おのずと「明るい声」になりますよね。

りえ:その「原理」を応用するんです。小さな子どもに話しかけるようにすることで、自然と笑顔になって「口角も上がる」。それで「声も明るく」なる。聞くところによると、オペレーターさんのデスクには、お子さんやペットの写真が張ってあることが多いそうですよ。

Sさん:あと、電話では「早口」になる傾向にあるので、早口を直すにもいい方法かもしれませんね。

りえ:そうですね。お子さんやペットの写真を見ながら話すと「早口じゃなくなる」というメリットもありますよね。小さな子どもに話しかけるときって、おのずとゆっくりの口調になりますよね。

Sさん:その「原理」も応用できるわけですね!

りえ:Sさんも、可能であれば、何か自分が「自然と笑顔になる写真」をデスクに張ってみてはいかがでしょう? 

Sさん:彼女の写真なんかデスクに張ったらドン引きされちゃいますよね(笑)。では実家で飼っている犬の写真にします!

りえ:独身のSさんの場合は、ペットや動物の写真が無難でいいかもしれないですね。

今日のレッスンのまとめ

ポイント1 いつもより「明るい声」で「ゆっくり」話す

ポイント2 時々「低めの声」で話すと、相手が落ち着く

ポイント3 デスクにお子さんやペットの写真を張って、それを見ながらしゃべる

この連載の一覧はこちら

魚住りえの「話し方講座」第3回目、いかがでしたか? 

この講座では話し方、スピーチのお悩みを持っている方からのご相談を受け付けています。こちらまで、ぜひお寄せください。

次回は「ぎこちない初対面の相手とも必ず話が弾む『質問力』」です! お楽しみに!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT