話し方を変えれば改善!「職場の電話」上達法

今日から実践できる3つのポイント

りえ:「電話トーク」2つめのポイントは、基本的には「いつもより『明るく』『ゆっくり』話す」でいいのですが、「時々、低めの声を混ぜる」のがコツなんです。

ポイント2 時々「低めの声」で話すと、相手が落ち着く

りえ:というのも、「明るい声」を出そうとすると、みなさん「高い声」になりがちなんですね。先ほどのSさんも声が高くなってしまっていました。

Sさん:えっ、「声が高い」のはダメなんですか?

りえ:高いのが一概にいけないというわけではなく、場合によるんです。「話すことは相手にエネルギーを与えること」という私の持論を新刊にも書きましたが、やっぱり「声が高い」と「相手に伝わるエネルギーも高くなる」んですね。

Sさん:確かに、「高い声」がずっと続くと、相手はビックリするし、聞いていると疲れちゃいそうです(笑)。電話の受け答えで損をしている人って、「高い声」でまくしたてるように話し続ける人も多い気がします。

りえ:電話で耳元にワッと「高いエネルギー」が入ってきたら、相手は余計に攻撃的に感じてしまいますよね。スピーチやプレゼンなど、大勢の人の前で話すときは「高い声=高エネルギー」を保つのがコツですが、1対1、まして電話での会話は、意識してエネルギーを抑える、つまり「やや低めの声」できちんと話すことが大切です。

Sさん:自分はもともとあまり「高い声」ではないのですが、それでも声を低くしたほうがいいですか?

りえ:そうですね。「明るい声」を出そうと思うと、つい「高い声」になってしまうので、「時々、『低めの声』を混ぜる」ことを意識してください。もし地声が「高い声」の人は、「電話では、できるだけ『低い声』で話す」ことを心掛けると、落ち着いた優しい印象を、電話越しの相手は感じると思います。では、もう一度やってみましょう。

Sさん:「いつもお世話になっております〇〇社、担当Sです」

りえ:ちょっと早いかな? 「電話ではいつもより『ゆっくり』話す」というのも大事な点なので、お忘れなく!

Sさん:はい! 「いつもお世話になっております〇〇社、担当Sです」

りえ:完璧です! もうひとつ、電話応対がバツグンに感じよくなる「とっておきの方法」があります。それをお教えしますね。

Sさん:はい、お願いします!

次ページ最後に、誰でも「電話の達人」になれるコツを伝授!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT