ロッテ株主総会、創業者次男の改革案を承認

安定的な経営構造の確立に株主の支持

 8月17日、ロッテホールディングス(HD)は株主総会を開き、ロッテ・グループ創業者の重光武雄氏の次男、重光昭夫最高経営責任者(写真)が提案した安定的な経営構造の確立や企業統治の強化を承認。11日撮影(2015年 ロイター/Yonhap)

[東京 17日 ロイター] - ロッテホールディングス(HD)は17日に株主総会を開き、ロッテ・グループ創業者の重光武雄氏の次男、重光昭夫最高経営責任者(CEO)が提案した安定的な経営構造の確立や企業統治の強化を承認した。

ロッテグループをめぐっては、創業者長男の重光宏之氏と昭夫氏が経営権をめぐり争っている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。