ロッテ株主総会、創業者次男の改革案を承認

安定的な経営構造の確立に株主の支持

 8月17日、ロッテホールディングス(HD)は株主総会を開き、ロッテ・グループ創業者の重光武雄氏の次男、重光昭夫最高経営責任者(写真)が提案した安定的な経営構造の確立や企業統治の強化を承認。11日撮影(2015年 ロイター/Yonhap)

[東京 17日 ロイター] - ロッテホールディングス(HD)は17日に株主総会を開き、ロッテ・グループ創業者の重光武雄氏の次男、重光昭夫最高経営責任者(CEO)が提案した安定的な経営構造の確立や企業統治の強化を承認した。

ロッテグループをめぐっては、創業者長男の重光宏之氏と昭夫氏が経営権をめぐり争っている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。