シリア政府軍、首都ダマスカス近郊を空爆

80人死亡、200人以上が負傷

 8月16日、英国に拠点を置く非政府組織「シリア人権監視団」などによると、シリアの首都ダマスカス北東15キロにあるドゥーマを、シリア政府軍が空爆し、少なくとも80人が死亡した。ドゥーマで撮影(2015年 ロイター/Bassam Khabieh)

[ベイルート 16日 ロイター] - 英国に拠点を置く非政府組織「シリア人権監視団」などによると、シリアの首都ダマスカス北東15キロにあるドゥーマを16日、シリア政府軍が空爆し、少なくとも80人が死亡した。さらに200人以上が負傷したという。

同団体は、少なくとも10発のロケット弾が撃ち込まれ、救助隊員が到着した後も空爆は続けられたとしている。

シリア軍関係者は、この空爆は反体制派の本拠地を目標にしたものと述べた。

関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。