シリア政府軍、首都ダマスカス近郊を空爆

80人死亡、200人以上が負傷

 8月16日、英国に拠点を置く非政府組織「シリア人権監視団」などによると、シリアの首都ダマスカス北東15キロにあるドゥーマを、シリア政府軍が空爆し、少なくとも80人が死亡した。ドゥーマで撮影(2015年 ロイター/Bassam Khabieh)

[ベイルート 16日 ロイター] - 英国に拠点を置く非政府組織「シリア人権監視団」などによると、シリアの首都ダマスカス北東15キロにあるドゥーマを16日、シリア政府軍が空爆し、少なくとも80人が死亡した。さらに200人以上が負傷したという。

同団体は、少なくとも10発のロケット弾が撃ち込まれ、救助隊員が到着した後も空爆は続けられたとしている。

シリア軍関係者は、この空爆は反体制派の本拠地を目標にしたものと述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。