イチローがタイ・カッブ超えの4193安打

日本で1278本、MLBでは2915本

 8月15日、MLBマーリンズのイチロー外野手は、敵地でのカージナルス戦に2番・右翼で先発出場し、4打数2安打をマークした(2015年 ロイター/Jasen Vinlove-USA TODAY Sports)

[15日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は15日、各地で試合を行い、マーリンズのイチロー外野手は、敵地でのカージナルス戦に2番・右翼で先発出場し、4打数2安打をマーク。日米通算4193安打として、MLB歴代2位のタイ・カッブ(4191安打)を抜いた。

4193安打の内訳は日本で1278本、MLBでは2915本。マーリンズは2─6で敗れた。

ヤンキースの田中将大投手は、敵地でのブルージェイズ戦に先発登板。9回を5安打、3四球、8三振、1失点で完投し、今季9勝目(5敗)を挙げた。ヤンキースは4─1で勝った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。