イチローがタイ・カッブ超えの4193安打

日本で1278本、MLBでは2915本

 8月15日、MLBマーリンズのイチロー外野手は、敵地でのカージナルス戦に2番・右翼で先発出場し、4打数2安打をマークした(2015年 ロイター/Jasen Vinlove-USA TODAY Sports)

[15日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は15日、各地で試合を行い、マーリンズのイチロー外野手は、敵地でのカージナルス戦に2番・右翼で先発出場し、4打数2安打をマーク。日米通算4193安打として、MLB歴代2位のタイ・カッブ(4191安打)を抜いた。

4193安打の内訳は日本で1278本、MLBでは2915本。マーリンズは2─6で敗れた。

ヤンキースの田中将大投手は、敵地でのブルージェイズ戦に先発登板。9回を5安打、3四球、8三振、1失点で完投し、今季9勝目(5敗)を挙げた。ヤンキースは4─1で勝った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。