イラク首都シーア派地区で爆発、76人死亡 「イスラム国」犯行声明

シーア派地区でトラックが爆発

[バグダッド 13日 ロイター] - イラクの首都バグダッドのイスラム教シーア派地区サドルシティーにある市場で13日、爆発が起き、少なくとも76人が死亡し、212人が負傷した。医療関係者らが明らかにした。

警官によると、午前6時頃に爆発物が積まれたトラックが卸売食品市場で爆発したという。

スンニ派の過激派組織「イスラム国」の支持者がインターネット上に掲載した声明によると、攻撃はシーア派の民兵らを狙ったものだという。

*内容を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。