イラク首都シーア派地区で爆発、76人死亡 「イスラム国」犯行声明

シーア派地区でトラックが爆発

[バグダッド 13日 ロイター] - イラクの首都バグダッドのイスラム教シーア派地区サドルシティーにある市場で13日、爆発が起き、少なくとも76人が死亡し、212人が負傷した。医療関係者らが明らかにした。

警官によると、午前6時頃に爆発物が積まれたトラックが卸売食品市場で爆発したという。

スンニ派の過激派組織「イスラム国」の支持者がインターネット上に掲載した声明によると、攻撃はシーア派の民兵らを狙ったものだという。

*内容を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。