武器としての決断思考 瀧本哲史著

武器としての決断思考 瀧本哲史著

京都大学客員准教授である著者の人気講義「意思決定の授業」をまとめたもの。右肩上がりの幸福な時代が過ぎ去った日本で、これから社会に出ていく若者たちが人生を切り開いていくために必要な武器、ディベートの考え方に基づいた「決断思考」を伝授している。

「サッカー日本代表を強化するためにはどうすればいいか」など、身近な事例をディベート問題として取り上げながら解説。そこから他者やマスコミにだまされないためにはどうすればいいのか、論理的に反論する方法、正解ではなく最善解を導く手順などがトレーニングできる仕掛けとなっている。自分で考え、自分で決める、リベラルアーツの重要性を説く。

星海社新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。