武器としての決断思考 瀧本哲史著

武器としての決断思考 瀧本哲史著

京都大学客員准教授である著者の人気講義「意思決定の授業」をまとめたもの。右肩上がりの幸福な時代が過ぎ去った日本で、これから社会に出ていく若者たちが人生を切り開いていくために必要な武器、ディベートの考え方に基づいた「決断思考」を伝授している。

「サッカー日本代表を強化するためにはどうすればいいか」など、身近な事例をディベート問題として取り上げながら解説。そこから他者やマスコミにだまされないためにはどうすればいいのか、論理的に反論する方法、正解ではなく最善解を導く手順などがトレーニングできる仕掛けとなっている。自分で考え、自分で決める、リベラルアーツの重要性を説く。

星海社新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT