戦後70年談話、14日の閣議決定へ調整中

菅官房長官が会見で発言

 8月10日、菅義偉官房長官は記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。都内で2月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。

談話の内容については「(歴代内閣の歴史認識を全体として引き継ぐなど)基本的な考え方は申し上げている。まだ14日に向けて安倍首相が調整中だ」と述べるにとどめた。

NHKは10日、戦後70年談話について、戦後50年の村山談話のキーワードと位置づけられる「お詫び」や「侵略」などの文言が原案に明記されていることが明らかになったと伝えている。

関連記事
トピックボードAD
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • フランスから日本を語る
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。