戦後70年談話、14日の閣議決定へ調整中

菅官房長官が会見で発言

 8月10日、菅義偉官房長官は記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。都内で2月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。

談話の内容については「(歴代内閣の歴史認識を全体として引き継ぐなど)基本的な考え方は申し上げている。まだ14日に向けて安倍首相が調整中だ」と述べるにとどめた。

NHKは10日、戦後70年談話について、戦後50年の村山談話のキーワードと位置づけられる「お詫び」や「侵略」などの文言が原案に明記されていることが明らかになったと伝えている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。