戦後70年談話、14日の閣議決定へ調整中

菅官房長官が会見で発言

 8月10日、菅義偉官房長官は記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。都内で2月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。

談話の内容については「(歴代内閣の歴史認識を全体として引き継ぐなど)基本的な考え方は申し上げている。まだ14日に向けて安倍首相が調整中だ」と述べるにとどめた。

NHKは10日、戦後70年談話について、戦後50年の村山談話のキーワードと位置づけられる「お詫び」や「侵略」などの文言が原案に明記されていることが明らかになったと伝えている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT