戦後70年談話、14日の閣議決定へ調整中

菅官房長官が会見で発言

 8月10日、菅義偉官房長官は記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。都内で2月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。

談話の内容については「(歴代内閣の歴史認識を全体として引き継ぐなど)基本的な考え方は申し上げている。まだ14日に向けて安倍首相が調整中だ」と述べるにとどめた。

NHKは10日、戦後70年談話について、戦後50年の村山談話のキーワードと位置づけられる「お詫び」や「侵略」などの文言が原案に明記されていることが明らかになったと伝えている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT