戦後70年談話、14日の閣議決定へ調整中

菅官房長官が会見で発言

 8月10日、菅義偉官房長官は記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。都内で2月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍晋三首相の戦後70年談話について14日の閣議決定へ向けて調整中であることを明らかにした。

談話の内容については「(歴代内閣の歴史認識を全体として引き継ぐなど)基本的な考え方は申し上げている。まだ14日に向けて安倍首相が調整中だ」と述べるにとどめた。

NHKは10日、戦後70年談話について、戦後50年の村山談話のキーワードと位置づけられる「お詫び」や「侵略」などの文言が原案に明記されていることが明らかになったと伝えている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。