フィンランド外相、「我慢の限界超えている」

第3次ギリシャ支援に参加しない可能性も

 8月8日、フィンランドのソイニ外相は第3次ギリシャ支援に参加しない可能性があるとの考えを示した。アテネで7月撮影(2014年 ロイター/RONEN ZVULUN)

[トゥルク 8日 ロイター] - フィンランドのソイニ外相は8日、同国が第3次ギリシャ支援に参加しない可能性があるとの考えを示した。

外相が党首を務める保守政党「真のフィンランド人」内では、欧州連合(EU)に対する批判的な声が強まっている。

外相はロイターに対し「当然ながら(第3次支援に)参加しない可能性はある」と発言。「(ギリシャ問題で)われわれは我慢の限界を超えている。フィンランドの負債を増やす、あるいはギリシャの債務を減らすことは受け入れない」と語った。

外相はさらに「今回の支援策が解決をもたらすとは思えない。長期的には『グレグジット(ギリシャのユーロ圏離脱)』が最も可能性の高いシナリオだ」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。