フィンランド外相、「我慢の限界超えている」

第3次ギリシャ支援に参加しない可能性も

 8月8日、フィンランドのソイニ外相は第3次ギリシャ支援に参加しない可能性があるとの考えを示した。アテネで7月撮影(2014年 ロイター/RONEN ZVULUN)

[トゥルク 8日 ロイター] - フィンランドのソイニ外相は8日、同国が第3次ギリシャ支援に参加しない可能性があるとの考えを示した。

外相が党首を務める保守政党「真のフィンランド人」内では、欧州連合(EU)に対する批判的な声が強まっている。

外相はロイターに対し「当然ながら(第3次支援に)参加しない可能性はある」と発言。「(ギリシャ問題で)われわれは我慢の限界を超えている。フィンランドの負債を増やす、あるいはギリシャの債務を減らすことは受け入れない」と語った。

外相はさらに「今回の支援策が解決をもたらすとは思えない。長期的には『グレグジット(ギリシャのユーロ圏離脱)』が最も可能性の高いシナリオだ」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT