フィンランド外相、「我慢の限界超えている」

第3次ギリシャ支援に参加しない可能性も

 8月8日、フィンランドのソイニ外相は第3次ギリシャ支援に参加しない可能性があるとの考えを示した。アテネで7月撮影(2014年 ロイター/RONEN ZVULUN)

[トゥルク 8日 ロイター] - フィンランドのソイニ外相は8日、同国が第3次ギリシャ支援に参加しない可能性があるとの考えを示した。

外相が党首を務める保守政党「真のフィンランド人」内では、欧州連合(EU)に対する批判的な声が強まっている。

外相はロイターに対し「当然ながら(第3次支援に)参加しない可能性はある」と発言。「(ギリシャ問題で)われわれは我慢の限界を超えている。フィンランドの負債を増やす、あるいはギリシャの債務を減らすことは受け入れない」と語った。

外相はさらに「今回の支援策が解決をもたらすとは思えない。長期的には『グレグジット(ギリシャのユーロ圏離脱)』が最も可能性の高いシナリオだ」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。