フィンランド外相、「我慢の限界超えている」

第3次ギリシャ支援に参加しない可能性も

 8月8日、フィンランドのソイニ外相は第3次ギリシャ支援に参加しない可能性があるとの考えを示した。アテネで7月撮影(2014年 ロイター/RONEN ZVULUN)

[トゥルク 8日 ロイター] - フィンランドのソイニ外相は8日、同国が第3次ギリシャ支援に参加しない可能性があるとの考えを示した。

外相が党首を務める保守政党「真のフィンランド人」内では、欧州連合(EU)に対する批判的な声が強まっている。

外相はロイターに対し「当然ながら(第3次支援に)参加しない可能性はある」と発言。「(ギリシャ問題で)われわれは我慢の限界を超えている。フィンランドの負債を増やす、あるいはギリシャの債務を減らすことは受け入れない」と語った。

外相はさらに「今回の支援策が解決をもたらすとは思えない。長期的には『グレグジット(ギリシャのユーロ圏離脱)』が最も可能性の高いシナリオだ」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。