マツダ、「ロードスター」が乗り越えた苦難

4代目は発売から2カ月で年間計画を"突破"

10年ぶりに刷新した4代目の「ロードスター」。苦難の時を経て表舞台に姿を現した(撮影:梅谷秀司)

年間の世界販売目標は3万台。2015年度にマツダ全体で149万台の販売を見込む中では、その割合はわずか2%。だが、「マツダのブランドアイコン(象徴)。新世代の商品群を訴求する中心」(小飼雅道社長)として位置づけられるのが、4代目の新型「ロードスター」だ。

実に10年ぶりのフルモデルチェンジで、1989年に発売されて以来、今年3月までの累計販売台数は94万台と、小型オープンスポーツカーのジャンルでは世界で最も売れている。国内にもコアなファンが多く、今年5月の発売から2か月間で5900台を受注。月間販売目標は500台であり、すでに年間販売の見通しを実質的に突破したことになる。7月には米国で発売し、8月から欧州や豪州にも投入するなど、35か国以上で販売を予定している。

国内の新車販売が低迷する中、マツダの今年度の販売台数は約4割増の7万8000台(2015年4月~7月)と好調さが際立つ。これを支えるのは、昨年刷新したコンパクトカーの「デミオ」や今年2月に発売した「CX-3」だ。いずれも、SUV(スポーツ多目的車)の「CX-5」(2012年発売)から始まった新世代商品群を構成する車種で、環境と走行性能を高めた最新鋭のエンジンを搭載し、マツダのデザインテーマである「魂動(こどう)」を採用している。

発売前に異例のイベント

この新世代商品群の”トリ”を飾る車として投入されたのが4代目のロードスターだ。東京・大田区の関東マツダ洗足店の垣本紀雄店長は、「ロードスターに興味を持って訪れる新規のお客さんが増えている。結果的に、他の車種の購入に繋がることもある」と話す。

今年2月に行われたロードスターのイベント。参加者は開発者の説明に熱心に耳を傾けていた。

4代目の発売に当たって、消費者への訴求でも新しい取り組みが行われた。通常、新型車種はメディア向けに先行公開されるが、ロードスターは去年9月に日本、米国、スペイン同時開催のファン向けイベントで初披露した。

日本では今年2月から6回にわたって全国各地で、開発陣らがファンに新型ロードスターの魅力を語るイベントを開催。発売前の新型車に触れられるのは異例で、毎回の参加枠約60名に対して、応募の倍率が10倍になるほどの人気を集めた。集まった参加者は試乗で乗り心地を確かめたり、開発者に直接質問をしたりと、貴重な時間を過ごしていた。

次ページ業績不振で発売が後回し
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT