マツダ「CX-3」で仕掛ける大胆戦略

国内販売でガソリン車の取り扱いなし!

「CX-3」を発表した小飼雅道社長。国内販売で思い切った戦略を打ち出した

国内販売はガソリン車なし、ディーゼル車のみ――。ほかのメーカーとは一線を画した商品を投入し、我が道を行くマツダ。2月末に発売した新型コンパクトSUV(スポーツ多目的車)「CX-3」でも、改めて”らしさ”を見せつけた。

新車でディーゼル一本に振り切ったのは、1920年の創業以来、マツダとしても初めてだ。小飼雅道社長は2月27日の発表会で、「この商品の追加で、国内でのさらなるディーゼルエンジン車の普及を進めていきたい」と、強い意気込みを示した。

国内のディーゼル車でシェア6割

思い切った決断を下したのは、自社のディーゼル車がすこぶる好調だからだろう。

厳しい排出ガス規制をクリアした最新型のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIVE(スカイアクティブ)-D」を新型車に導入し始めたのは2012年から。ディーゼルとガソリンの両方で展開する車種で見ると、中型SUVの「CX-5」ではディーゼル比率が76%(2014年)、昨年9月に発売された新型「デミオ」では61%と軒並みガソリン車を上回っている。

国内のディーゼル乗用車市場で、今や拡大のけん引役といえる存在だ。ディーゼル車は2011年に9000台弱だったが、マツダが新型エンジンで本腰を入れたことで、2014年は約8万台と市場は9倍に拡大。このうち6割をマツダ車が占めている。

マツダが開発したクリーンディーゼルエンジンの特徴は、高い環境性能と経済性を両立した点にある。従来のディーゼルエンジンでは、燃焼で有害物質の窒素酸化物(NOx)や ススが生じるため、排気前に浄化装置が必要となり、その分車両価格が高くなったり、車両重量が重くなったりするという難点があった。

 
次ページディーゼルの難点を克服した
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。