コンビニ弁当を救った「おかず入れ」の秘密

意地でも「よそとちゃうことせなあかん」

木村アルミ箔の木村社長

これは、伝統ということにも当てはまります。伝統を大切にしているように見えて、残っているところは、少しずつ何かを変えています。

その根本にあるのは、人と同じことしとったら生き残れない、という大阪人の発想です。そうでなければ、価格競争に巻き込まれます。昔のメーカーの競争は、品質だったり、納期だったり、サービスだったり、そこで争っていました。

それで最後の最後に、価格だったんです。それが今は、最初から価格を出します。これは、よそとちゃうこと、の考えではありません。少しでも安いとなれば、大資本が勝つわけです。だから、関西の商人はよそとちゃうことしないといけないんです。船場はもともと中小企業の町です。そういう商売をしないと大企業に伍していけません。

「よそとちゃうことせなあかん」の神髄とは?

最後のおまけです。私が以前取材した電気屋さんは、日本橋(大阪)より2割も高いパソコンを平気で売っています。日本橋は、関西人なら皆知っている、秋葉原に匹敵する大阪の電気街です。「あんたら、安いパソコンなら日本橋へ行ったらいいわ。だけど、うちのパソコン買ったら、一生面倒見たげるよ」と言って、自分の携帯番号を渡します。そうすると、お客は2割高くても、納得して買うそうです。困ったら携帯をかければ、いつでも来てくれる。これは究極のサービスです。まさに「ひととちゃうことせなあかん」です。だから、2割高くても売れるんです。

このおっちゃん、夕飯を食べている時に携帯が鳴ります。そうすると、箸を置いて、パソコンを直しに行きます。そこに、この電気屋さんの意地と努力があるわけです。普通の電気屋さんみたいに、時間外だから、と留守番電話にしないわけです。かかりつけのパソコン・ドクターです。これだけのサービスが付いているんだから、高く売って当然、というプライドでもあるわけです。このプライドが「よそとちゃうことせなあかん」の神髄だと思います。

1円安い商売をやめて、1円高い商売をしませんか。それには、「よととちゃうことせなあかん」のです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。