ヤフー社長が「戦後70年企画」に取り組む真意

「戦争の記憶を次世代にきちんと継承したい」

山田:強い思いでやっていることが分かりました。ところでこのプロジェクトを初めてから、お墓にはまっているとか。

宮坂:そうですね。寺とか墓のマニアになっています。なんだかお墓を見かけると、そこに吸い寄せられちゃうんですね。墓地をみますと戦死者の墓が結構あるわけです。最近それを見るのが、コレクターとまでは言いませんが、好きになっちゃいまして。よくお墓を見ています。

そして考えさせられることが多いです。いつ亡くなったのかをみると年齢が自分よりもずっと若い人がたくさんいますよね。それを目の当たりにすると、本当に頑張らないといけないな、と思います。

山田:そういう大きな話と比較すれば、ヤフーの連続増益記録を維持していく、といった経営の話は小さく思えてくるのでは?

宮坂:そうですね・・・って言ったら怒られちゃいますから、そうは言いませんけれども(笑)。

ボトムを引き上げる仕事をしていきたい

宮坂学(みやさか まなぶ)1967年山口県生まれ。91年同志社大学経済学部卒業。ユー・ピー・ユーを経て、1997年創業2年目のヤフーに入社。メディア事業部長、執行役員コンシューマ事業統括本部長を経て、2012年4月にCEO、同年6月に社長就任。2013年よりソフトバンク取締役も兼務。

山田:ヤフーは新しい分野を切り開くようなイノベーションは苦手なように見えます。今後、先端を突き進むよりも活動の領域を拡げることで成長を続けていく戦略でしょうか。

宮坂:イノベーションをどんどん起こして、前にぐいぐい行こうっていうのもやらないといけないと思います。ご指摘の通り、ヤフーはそこのところが弱くなっているので。

その一方で、世の中全体のバージョンアップ、アップデートということに関与していきたい。世の中が良くなるということは、ピラミッドのボトムがどれだけ上がるかだと思うんです。上がいくら伸びたって、下が低いとダメ。日本がIT大国になるためには、ITが使えない人を手助けして使えるようにしなければいけない。そういう思いがあるんです。行列の一番後ろにいる人たちをちゃんとエンパワーすることが必要です。

たとえば今、日本でもっとも大変なのは3.11の被災地エリアです。そこでインターネットがお役に立てない限り、インターネットがいくら経済を活性化しています、と主張したところで一部の限られた話になってしまう。一番大変な人、一番歩みの遅いところ、一番苦労されてるところこそ、ヤフーがトライする場所です。

これは社会貢献ではありません。一番難しいところでやれれば、ほかのところではもっと楽にできる。ビジネスとして考えても、絶対にやっていいくべきことだと考えています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT