英ヒース元首相の児童性虐待疑惑もみ消しか

当時の警察対応を調査

 8月3日、英IPCCは、1970年代に首相を務めた故エドワード・ヒース氏(写真)に対する児童性的虐待疑惑が適切に捜査されなかった疑いがあることから、当時の警察の対応を調査すると明らかにした。2002年4月撮影(2015年 ロイター)

[ロンドン 3日 ロイター] - 英国の「警察の苦情に関する独立調査委員会(IPCC)」は3日、1970年代に首相を務めた故エドワード・ヒース氏に対する児童性的虐待疑惑が適切に捜査されなかった疑いがあることから、当時の警察の対応を調査すると明らかにした。

ヒース氏による児童への性的虐待は、同氏が住んでいた南西部ウィルトシャーで90年代にあったとされるが、その詳細や警察への届け出の内容は不明。

IPCCは、警察当局がヒース氏を訴追しなかった経緯などについて調べるほか、目撃者や被害者を探すとした。

保守党のヒース氏は70─74年に首相を務めたが、75年の党首選で故マーガレット・サッチャー氏に敗北。2005年に89歳で死去した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。