アップル「番組見放題」、ついに来年登場か

<動画>9月の「新AppleTV」の先にあるもの

ナレーションは英語で、本文が日本語訳文です

おそらく、あなたは話しかけるだけでチャンネルを変えられるようになる。バズフィードのレポートでは、アップルは人々が長らく待ち望んでいた次世代のApple TVについて9月のイベントで明らかにするという。そしてそれには音声操作アシスタント、Siriが搭載される。

オンラインメディアのバズフィードによると、アップルのセットトップボックスは新しい遠隔操作、より大きなストレージ、そして改善されたオペレーティングシステムを提供する。それは同社が経営するアップルストアで販売開始される。価格についての言及はない。

バズフィードによると、それは3年間ほど新作がなかったセットボックスにとって「極めて重要なオーバーホール」だ。

今回の新Apple TVは、同社が数年間準備を進めているオンラインTVサービスとは別のものだ。ひとまとめのチャンネルを提供してくれる、(Apple Musicのテレビ版のような)その有料視聴サービスは、おそらく来年リリースされるだろうとバズフィードは報じている。

これらの件の真贋についてアップルはコメントを控えている。

さっそくバズフィードの報道をフォローした野村証券のリポートでは「TVがアップルの成長に貢献すると予測しているものの、同社の主要な価値は、その生態系の中に顧客を維持することにある」と分析している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。