アップルが「ネスト」の製品販売を中止?

Google傘下に入って1年で起きたこと

ネストの製品が北米のAppleのオンラインストアから消えたのはなぜ?(写真はネストのホームページより)

グーグルが33億ドルでホームオートメーションメーカー「Nest Labs(ネスト)」を買収したのは、今から1年ほど前のこと。アップルは、米国のオンラインストアと実店舗から、この会社のインターネットに接続されたスマートサーモスタットの販売を中止したことを明らかにした。

かつてのiPodの「ゴッドファーザー」であるトニー・ファデル氏に率いられたネストの代表的製品は、凸状のガラススクリーンの付いた円形の毛羽を立てた金属製デバイスで、温度を表示し、それが取り付けられる壁の色に合わせて色合いを変化させるサーモスタット。この斬新な製品が称賛を得た。

7月24日、アップルの広報担当ニック・リーヒ氏は「当社は、定期的に店舗の商品ミックスを変更しています」と、メールで語った。

しかし、ロイターによる調査で、イギリス、フランス、そしてアイルランドといった幾つかの国のアップルのオンラインストアで、まだこの製品が販売されていることが分かった。

ネストの広報担当アイヴィー・チョイ氏は、アップルのアメリカの店舗からその会社のサーモスタットを撤去するこに関してコメントしなかったが、iPhoneメーカーを「大切なパートナー」と呼んだ。「当社の新製品は、今後数週間の内にアップルを通じて利用可能になる予定です」と、彼女は語った。

執筆:アニヤ・ジョージ・サラカン
追加報道:クシティーズ・ゴリヤ(バンガロール)
編集:キルティ・パンディー
 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。