米財務省、ウクライナ問題で制裁対象を拡大

ロシア実業家関係者などが対象に

 7月30日、米財務省傘下の外国資産管理室(OFAC)は、ウクライナ問題をめぐって制裁対象を拡大したことを明らかにした。写真は制裁対象となっているロシアの大物天然ガストレーダー、ティムチェンコ氏。2014年5月撮影(2015年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[ワシントン 30日 ロイター] - 米財務省傘下の外国資産管理室(OFAC)は30日、ウクライナ問題をめぐって制裁対象を拡大したことを明らかにした。富豪として知られるロシアの天然ガストレーダーの関係者や関連団体、クリミアの港湾運営会社、ウクライナの元政府高官らが制裁リストに新たに追加された。

発表によると、ロシアの大物天然ガストレーダー、ゲンナジー・ティムチェンコ氏を支援しているとされる8団体・関係者に対して、新たに制裁を科した。ティムチェンコ氏はすでに制裁対象になっている。

さらに、ロシアの著名実業家で、プーチン大統領とも親しいボリス・ロテンベルク氏を支援しているとされる2団体にも制裁を科した。

今回の追加制裁は、ウクライナ東部の停戦に向けて今年調印されたミンスク合意を履行するようロシアに圧力をかけることを狙っている。

OFACのスミス局長代理は、声明で「国際法に違反し、東部ウクライナの紛争をあおっているロシアに圧力をかけ続ける」と表明した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT