増補 iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 八代嘉美著

増補 iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 八代嘉美著

人の体を構成するさまざまな臓器を作り出せる夢の細胞「iPS細胞」。2007年11月に京都大学の山中伸弥教授らによる「ヒトiPS細胞」の作製成功が伝えられ、再生医療のエポックメーキングとして世界中に大きな衝撃を与えた。自身も専門の研究者である著者は、iPS細胞とは何か、再生医療とは何なのかを解説しながら、その先にある生命科学という分野の面白さをも伝えようと試みる。

山中教授の成功からほぼ4年が経ち、日進月歩の医学の世界は目まぐるしい変化を遂げている。この間の幹細胞研究や再生医療研究の新たな成果とは。何より臨床応用に向けて研究はどこまで進んだか。最新情報を取り込んで解説している。

平凡社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT