増補 iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 八代嘉美著

増補 iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 八代嘉美著

人の体を構成するさまざまな臓器を作り出せる夢の細胞「iPS細胞」。2007年11月に京都大学の山中伸弥教授らによる「ヒトiPS細胞」の作製成功が伝えられ、再生医療のエポックメーキングとして世界中に大きな衝撃を与えた。自身も専門の研究者である著者は、iPS細胞とは何か、再生医療とは何なのかを解説しながら、その先にある生命科学という分野の面白さをも伝えようと試みる。

山中教授の成功からほぼ4年が経ち、日進月歩の医学の世界は目まぐるしい変化を遂げている。この間の幹細胞研究や再生医療研究の新たな成果とは。何より臨床応用に向けて研究はどこまで進んだか。最新情報を取り込んで解説している。

平凡社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT