震災仮設住宅の住環境改善で、宮城県の取り組み遅れが鮮明


 暑さ寒さ対策に早い時期から取り組んだ岩手県の場合、「断熱材の追加、二重サッシ化、玄関の風除室設置に、着手から3カ月かかった」(岩手県建築住宅課)という。宮城県の場合、仮設住宅の建設戸数が約2万2000戸と3県の中で最も多いだけに、事態はよけい深刻だ。

あくまで相対的な比較とはいえ、仮設住宅の住環境改善で県がリーダーシップを取った岩手、福島両県に対して、対応が遅れた宮城県--。こんな構図が明らかになってきた。



■掃き出し窓でないため、洗濯物を落とすと取りに行くのに一苦労する
(富岡町の住民が住む福島県郡山市)


■掃き出し窓で風通しがよい木造の仮設住宅
(楢葉町の住民が住む仮設住宅=福島県いわき市)

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。