無手勝流に進出するわけではない--日立キャピタル社長 三浦和哉

無手勝流に進出するわけではない--日立キャピタル社長 三浦和哉

海外市場強化を鮮明に打ち出しました。

今は、国内マーケットの事業モデルだけでは、先行きの成長戦略を描くことは難しい状況にある。

国内リース市場は縮小し続けている。2010年度の市場規模は4兆5000億円程度だった。これは10年前と比べて40%超の規模縮小である。またリース会計基準変更に伴って、大企業ベースのリース利用比率も随分と落ちている。やはり、マーケット的には海外を重視しないわけにはいかない。

ただし、無手勝流に海外に進出していくというわけではない。進出先では当社の事業の親和性を重視する。そして経済発展段階に適したサービスを提供する。単に投資して高い利益を上げるというようなビジネスは、絶対にしない。

--とはいえ、海外の経済環境は不透明感を増しています。

そのとおりだ。想定外のカントリーリスク、制度変更などのリーガルリスクなども考えないといけない。さまざまなリスクを管理しながら事業を拡大させていく。とにかくリスクマネジメントを高度化させていかなければならない。事業リスク、信用リスク、さらにオペレーショナルリスクも重要であり、しかも、それらは国ごとに見え方が異なるということすらある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。