無手勝流に進出するわけではない--日立キャピタル社長 三浦和哉

無手勝流に進出するわけではない--日立キャピタル社長 三浦和哉

海外市場強化を鮮明に打ち出しました。

今は、国内マーケットの事業モデルだけでは、先行きの成長戦略を描くことは難しい状況にある。

国内リース市場は縮小し続けている。2010年度の市場規模は4兆5000億円程度だった。これは10年前と比べて40%超の規模縮小である。またリース会計基準変更に伴って、大企業ベースのリース利用比率も随分と落ちている。やはり、マーケット的には海外を重視しないわけにはいかない。

ただし、無手勝流に海外に進出していくというわけではない。進出先では当社の事業の親和性を重視する。そして経済発展段階に適したサービスを提供する。単に投資して高い利益を上げるというようなビジネスは、絶対にしない。

--とはいえ、海外の経済環境は不透明感を増しています。

そのとおりだ。想定外のカントリーリスク、制度変更などのリーガルリスクなども考えないといけない。さまざまなリスクを管理しながら事業を拡大させていく。とにかくリスクマネジメントを高度化させていかなければならない。事業リスク、信用リスク、さらにオペレーショナルリスクも重要であり、しかも、それらは国ごとに見え方が異なるということすらある。

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。