無手勝流に進出するわけではない--日立キャピタル社長 三浦和哉

中国ではスピード感重視

そうしたリスクの管理を徹底させつつ、市場規模が圧倒的に大きい中国については、スピード感を持って事業を進めていきたい。いずれ、経済成長率が鈍化しかねないというリスクも念頭に置いて事業をやっている。のんびりやっているわけにはいかない。

--海外比率拡大も含めて、持ち株会社化など経営形態を見直す余地があるのでは。

現在、最も課題を抱えているのは当社本体だ。したがって、事業の経営責任を明確にするカンパニー制のような形がいいのかなという気もしている。しかし、社内にメリットがあっても、お客様の立場としてどうなのかを考える必要がある。金融サービスには、機能が分かれるとマイナスになりかねない面もある。

日立キャピタルの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(週刊東洋経済2011年10月8日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。