無手勝流に進出するわけではない--日立キャピタル社長 三浦和哉

中国ではスピード感重視

そうしたリスクの管理を徹底させつつ、市場規模が圧倒的に大きい中国については、スピード感を持って事業を進めていきたい。いずれ、経済成長率が鈍化しかねないというリスクも念頭に置いて事業をやっている。のんびりやっているわけにはいかない。

--海外比率拡大も含めて、持ち株会社化など経営形態を見直す余地があるのでは。

現在、最も課題を抱えているのは当社本体だ。したがって、事業の経営責任を明確にするカンパニー制のような形がいいのかなという気もしている。しかし、社内にメリットがあっても、お客様の立場としてどうなのかを考える必要がある。金融サービスには、機能が分かれるとマイナスになりかねない面もある。

日立キャピタルの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(週刊東洋経済2011年10月8日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。