夢を掴め!未来は何歳からでも変えられる

39歳で心臓外科医を辞める決断ができたワケ

――野尻さんにも挫折があったんですね。

もちろん。というか、挫折だらけですよ。夢はそう簡単には実現しません。でも努力して目指す価値は十分あるし、たとえ失敗してもその努力は決して無駄にはならないんです。夢破れた後に、また新しい夢が見つかることもある。

夢を摘み取る大量のネット情報

科学者の夢を捨てた私はその後、心臓外科の世界に進みましたが、心臓というのは言ってみればポンプですから、物理的思考が非常に役に立つ分野なのです。心臓外科医になって、あらためてそのことを実感しました。夢破れても、本気で挑んでいけば、思わぬところでつながったりもする。

だから、ネットで簡単に大量の情報を手にできてしまうために、変に冷めてしまう若者が可哀想なんです。

私たちの時代は、情報が少なかったから、夢を見つけたらとりあえずぶつかってみる、というのが当たり前の“作法”でしたからね。

――それにしても、39歳のときに医師から研究者になり、人工心臓の開発という新しい夢を追い始めるというのは驚きです。

私には特別な才能はないと思っています。高校時代も大学時代も、特別、成績がよかったわけじゃない。

ただ、もしかしたら私は、夢を本気で見る力とそれを実現しようという執着心が少しだけ強いのかもしれません。だから39歳から大きなキャリア変更があっても、けっこう頑張れた。

夢は何歳になっても持っていたほうがいいと思います。もちろん、ある程度の現実感も持っていなければなりませんが。

何も気宇壮大なものでなくていいんです。公務員になりたいとか、出世して部長になりたいといった夢だって十分です。目標があると人間はすごいパワーを発揮するし、失敗の中から新しい何かを見つけることもできる。

だから、若者にも、若者でない人にも、何か目標を持って、そこに向かってがむしゃらに努力してほしいと切に思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT