アジアでは消費分野で輸出の割合が低い企業が投資先として有望

アジアの新興国は人口増加などを背景に力強い経済成長が見込まれる。一方、欧米の金融市場混乱が及ぼす影響も危惧されている。中国、インド、ASEAN各国で、投資先として有望な業種はどこか。アジア企業への投資に詳しいデイル・ニコルス フィデリティ・ワールドワイド・インベストメント ポートフォリオ・マネージャーに聞いた。

--投資先として有望なアジア企業をどう見ていますか。

 国によって異なるが、たとえば中国では、小売りなどの消費分野が期待できる。スーツを作っているような会社、スーパーやデパート等の流通のほか、保険なども普及率が低く、今後伸びるだろう。また検索最大手のバイドゥ(百度)など、IT企業も期待できる。

中国では社会的なセーフティネットが徐々に改善されており、安心して消費できる土壌ができつつある。中間層の消費拡大が今後、経済成長を牽引するだろう。

インフレの問題もくすぶっているが、個人的にはそろそろピークを迎えていると見ている。一方、中国経済はこれまで「消費」よりむしろ「投資」が牽引してきたが、過剰投資が及ぼす影響には注意が必要だ。不動産などは足元で売れ行きが鈍っているが、過剰投資は景気の失速につながるため、気になるところだ。

一方、インドも中国同様、消費が経済を牽引していく。インドは中国に比べ、GDPに占める消費の割合が大きいのが特徴だ。

注目している業種で言えば、たとえば銀行だ。銀行の利用率はまだ低く、伸びる余地が十分にある。またIT企業にも注目している。これまでのインドのIT系企業といえば、インフォシス・テクノロジーズなど、米国企業などからのアウトソーシング系が中心だった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT