(第74回)2012年度新卒採用総括 企業の動き

 

●面接回数は「3回」までが9割を占める

学生のアンケートを読むと、中には十数回の面接を課する企業もあるようだ。学生の負担が大きく、あまりにも非常識だと思うが、そんな企業は例外である。

今回の企業調査では、面接回数3回までの企業が約9割である。半数近くが「3回」、4割弱が「2回」だ。妥当な回数だと思う。

規模が大きくなると「4回」「5回」という企業が増え始める。「5001名以上」では6回という企業が6%ほどある。6回となると、学生は他社への就活が阻害され、負担はかなり大きい。

図表5:実施する面接回数(推薦応募を除く)

●内定出しは大幅に遅れ、「6月前半~8月以降」内定ピーク企業が約4割

11年卒採用では、4月に内定出しのピークを迎えた企業が事務系で43%、技術系で38%あり、いずれも4月が内定出しのヤマだった。12年卒採用では事務系のヤマは5月に移動している。技術系もヤマこそ4月ながらも、5月との差はそれほどなくなっている。

注意したいのは、時間区分が11年卒調査と12年卒調査で変わっていること。11年卒は「6月以降」を1つの区分としていたが、12年卒は震災で選考が大幅に遅延したため、8月以降までに細分化してデータを取った。11年卒の「6月以降」は事務系、技術系ともに2割を切っているが、12年卒では「6月前半~8月以降」が事務系、技術系とも約4割を占め、選考が大幅に遅れている実態を示している。

図表6:内定ピーク時期(事務系)
図表7:内定ピーク時期(技術系)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT