“常識破り”が生んだ富士ゼロックスの新兵器

ただ、現地では低単価のA4型複合機が市場の8割を占める。富士ゼロックスは収益性を重視してA3型を中心に展開してきたため、10年の台数ベースでのシェアは8・1%にすぎない(1ページ中図)。

「巨大なポテンシャルのあるローエンド(低価格帯)市場を取っていくことが、今後の成長には不可欠」と、中国事業を統括する徐正剛常務執行役員は強調する。低価格帯市場を狙って投入した新プリンタは、消耗品交換によるアフターサービス収入が期待できない。が、この廉価版製品をきっかけに中小企業に食い込むことで、顧客層を広げ、徐々に中価格帯から高価格帯の製品を拡販していく戦略である。

「シェアトップ必達の指示を山本社長から受けている」と、徐常務執行役員は明かす。まずは13年までにシェア15%を獲得し、トップグループ入りを目指す。そして、現地売上高を10年度600億円から早期に1000億円に引き上げる算段だ。

営業担当者を介さない無償ソフトを提供

中小企業を掘り起こすためのソフト面での武器としては、クラウドコンピューティングの仕組みを活用する新サービスを準備した。

名称は「SkyDesk」。オフィス業務に必要なプレゼンテーション資料作成や、名刺管理、顧客情報管理ソフトなどをネット経由で無償提供する。主な対象は、富士ゼロックスが最も手薄だった社員30人以下の零細企業。早い段階から顧客を囲い込み、将来の
有料サービスや事務機販売につなげる狙いである。

SkyDeskを一言で表現すると「ビジネス向けフェイスブック」。“本家”フェイスブックのように、チャット感覚で社内外の仲間と情報を交換・共有化することができる。利用者は1人当たり1ギガバイトの容量まで使用することが可能だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング