“常識破り”が生んだ富士ゼロックスの新兵器

ただ、現地では低単価のA4型複合機が市場の8割を占める。富士ゼロックスは収益性を重視してA3型を中心に展開してきたため、10年の台数ベースでのシェアは8・1%にすぎない(1ページ中図)。

「巨大なポテンシャルのあるローエンド(低価格帯)市場を取っていくことが、今後の成長には不可欠」と、中国事業を統括する徐正剛常務執行役員は強調する。低価格帯市場を狙って投入した新プリンタは、消耗品交換によるアフターサービス収入が期待できない。が、この廉価版製品をきっかけに中小企業に食い込むことで、顧客層を広げ、徐々に中価格帯から高価格帯の製品を拡販していく戦略である。

「シェアトップ必達の指示を山本社長から受けている」と、徐常務執行役員は明かす。まずは13年までにシェア15%を獲得し、トップグループ入りを目指す。そして、現地売上高を10年度600億円から早期に1000億円に引き上げる算段だ。

営業担当者を介さない無償ソフトを提供

中小企業を掘り起こすためのソフト面での武器としては、クラウドコンピューティングの仕組みを活用する新サービスを準備した。

名称は「SkyDesk」。オフィス業務に必要なプレゼンテーション資料作成や、名刺管理、顧客情報管理ソフトなどをネット経由で無償提供する。主な対象は、富士ゼロックスが最も手薄だった社員30人以下の零細企業。早い段階から顧客を囲い込み、将来の
有料サービスや事務機販売につなげる狙いである。

SkyDeskを一言で表現すると「ビジネス向けフェイスブック」。“本家”フェイスブックのように、チャット感覚で社内外の仲間と情報を交換・共有化することができる。利用者は1人当たり1ギガバイトの容量まで使用することが可能だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。