“常識破り”が生んだ富士ゼロックスの新兵器

冷ややかな意見に対し、山本氏はデータを駆使した理論的な説明を繰り返した。「このクラスのプリンタは一般的に、最大10万枚の印刷で製品寿命が設定されています。ただ、そこまで使う顧客は実質ゼロ。今回の新製品はより少ない数万枚程度を使用限度としますが、これで顧客の使用実態やニーズに十分対応できます」。「感光体ユニットの故障頻度を調べてみると、限りなくゼロに近い数字です」。開発現場にも粘り強く声を掛けた。「できない理由はいらない。どうしたらできるのかを提案してほしい」。

小型化や原価低減のための説明を続け、現場で前向きな提案を引き出していくにつれ、社内のベクトルが徐々に同じ方向を向いていく。出てきたアイデアも、どんどん採用した。モノクロとカラーの機種で基本レイアウトを統一、同時に転写ローラーや紙送りローラーなど35%もの部品を共通化した。組み立て作業の標準化も進めた結果、従来に比べ生産効率は40%もアップした。

そうして昨年11月に完成したA4型の新プリンタは、従来製品比で重量37%減、体積53%減と、狙いどおりの業界最小・最軽量に到達。低価格も実現し、販売価格1万~6万円帯の6機種をそろえた。

「ご苦労さん」。こわもてで部下に厳しい山本社長が、完成品の1号機を見た際には破顔一笑したという。

富士ゼロックスはこの新プリンタを中国市場に投入した。ここはアジア、オセアニアに海外販売網を持つ同社にとって、最重要攻略市場と位置づけられる地域。今や世界最大の事務機市場で、10年の複合機販売数は296万台と日本の4倍超。「中国は少なくとも、これから5年は順調に伸びる。15年には年間590万台を超えるだろう」と、ガートナージャパンの三谷智子アナリストは見る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。