「村へ戻る希望」を優先し、汚染土の村内仮置き決断--福島県飯舘村村長 菅野典雄

──住民の受け止め方は。

村議会で2度にわたり議論した。1回目に計画を説明した。そして、おおむね承認を得たと私は受け止めて、8月中に、仮設住宅などでの集会の場で、住民に説明した。その際、住民から「そんな計画を実行するのはやめろ」というような反対の声は上がらなかった。さらに、9月に入って、再度、議会で議論した。その結果、この方針で進めていくということになっている。

村の復興は時間との勝負だ。除染なくして復興はない。しかも、「私たちは動きますよ」と、村が主張しないかぎり、国は飯舘村にはそれほどの予算を割り振らないだろう。だから、ここで一歩でも進まないといけない。とにかく、一刻も早く着手したい。そうしないと冬になる。あっという間に月日が経ってしまう。

かんの・のりお
1946年飯舘村生まれ。帯広畜産大学を卒業後、酪農業を営む。89年から7年間、飯舘村公民館の嘱託館長を務める。96年に飯舘村村長に就任。現在4期目。

(聞き手:浪川 攻 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2011年9月24日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング