「村へ戻る希望」を優先し、汚染土の村内仮置き決断--福島県飯舘村村長 菅野典雄

──住民の受け止め方は。

村議会で2度にわたり議論した。1回目に計画を説明した。そして、おおむね承認を得たと私は受け止めて、8月中に、仮設住宅などでの集会の場で、住民に説明した。その際、住民から「そんな計画を実行するのはやめろ」というような反対の声は上がらなかった。さらに、9月に入って、再度、議会で議論した。その結果、この方針で進めていくということになっている。

村の復興は時間との勝負だ。除染なくして復興はない。しかも、「私たちは動きますよ」と、村が主張しないかぎり、国は飯舘村にはそれほどの予算を割り振らないだろう。だから、ここで一歩でも進まないといけない。とにかく、一刻も早く着手したい。そうしないと冬になる。あっという間に月日が経ってしまう。

かんの・のりお
1946年飯舘村生まれ。帯広畜産大学を卒業後、酪農業を営む。89年から7年間、飯舘村公民館の嘱託館長を務める。96年に飯舘村村長に就任。現在4期目。

(聞き手:浪川 攻 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2011年9月24日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT