スズキがフォルクスワーゲンと“破談”、中身がなかった強者連合

スズキがフォルクスワーゲンと“破談”、中身がなかった強者連合

「大人の付き合いができなかった。笑って別れるのが一番」(鈴木修スズキ会長兼社長)。9月12日、スズキは会見を開き、独フォルクスワーゲン(VW)との提携を解消する、と発表した。

両社が提携したのは2009年12月。世界第3位のVWと、小型車のノウハウに優れインドで5割近いシェアを持つスズキとの提携は、当時「強者連合」と評された。

しかしその関係は、わずか1年9カ月で破談となった。VWは正式に提携解消に合意していないが、鈴木会長は「解消の考えは変わらない」と明言、破談は決定的といえる。提携を担当した原山保人副社長は「困難な調整に時間を費やし、1年9カ月を棒に振った」とまで語る。

鈴木会長が解消の理由として挙げたのが「経営哲学の違い」。VWのスズキに対する出資比率は19・9%。鈴木会長はスズキの自主独立にこだわった。が、VWはスズキに対し、暗に出資比率引き上げを求めていたようだ。世界販売1000万台(10年727万台)に向けて覇権主義を掲げるVWとは、当初からボタンを掛け違えていた。

提携でスズキが期待したのは、VWのハイブリッド車(HV)やディーゼルエンジンなど環境技術だった。だが技術の利用には「スズキの経営の足かせになる」(原山副社長)ような制約があったという。機構や設計思想の違いでVWの技術自体を使うのも難しい。

そうした中、スズキは1・6リットルのディーゼルエンジンを伊フィアットから調達すると決断、溝を深くした。一方のVWはポルシェとの統合問題を抱え、スズキとの提携を後回しにした面もある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。