スズキがフォルクスワーゲンと“破談”、中身がなかった強者連合


優勢インドで競争激化

スズキはVWの保有株(時価で約1700億円)を、すべて自己資金で買い戻す方針だ。実際に6300億円近い現金同等物を有しており、13年3月に控える約1500億円の転換社債の償還を含めても、対応は可能である。

問題はスズキが単独で生き残りの絵を描き切れるかどうか。すでにスズキはプラグインHVを手掛けており、他の環境車も「今年に入り自社開発が加速している」(鈴木会長)。とはいえ、インドで拡大が続くディーゼルエンジンを他社の技術に頼らざるをえないことだけをとっても、決して盤石とはいえない。さらにそのインドでは、世界の有力メーカーが「量」を背景に、一層攻勢を強めている。

経営の足かせとまで言う提携を早期に解消したことは、スズキにとって一応プラスだろう。が、環境対応や新興国での競争激化に、今後も単独路線を貫ける保証はどこにもない。資本関係の有無は別に、スズキが次の提携先を探す可能性は十分にある。

スズキの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(並木厚憲 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2011年9月24日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。