日本の「C型肝炎」は、3年ほどで撲滅できる

特効薬第2弾が承認、ギリアド社長に聞く

おりはら・ゆうじ●1954年生まれ。ノバルティスファーマ専務取締役、アムジェン日本法人社長、テバ日本法人社長などを経て、2013年からギリアド・サイエンシズ日本法人社長(撮影:今井康一)

その基盤には配合剤を作る技術がある。何でも最初から1錠にしようとする。ある1型C型肝炎の競合薬は、1日1回2錠。そうすると、患者は大変だし、飲み間違えるリスクも高まる。でも、われわれの薬は1日1回1錠。

これはギリアドが強かったエイズの薬からきている。エイズはかつて1日60錠など、片手からこぼれるくらいの量を飲まないといけず、患者にとって大きな負担だった。ギリアドは最初からなるべく1錠にしようとしてきた。ずいぶん前からギリアドの薬は全部1錠。1錠に入っている薬剤は、当初の2製剤から4製剤まで増えた。

「ばかじゃないか」と言われた買収のおかげ

――ソバルディを創製した米ファーマセット社を2011年に買収したことで、C型肝炎領域のリーダーになった。

欧米の製薬大手も足繁くその会社に通っていたが、最後にギリアドのジョン・マーチン会長、ジョン・ミリガン社長がその会社を買収し、ソホスブビル(ソバルディ)を入手した。ギリアドがファーマセットに払った金額は1兆円を超えた(110億ドル)。当時の年間売り上げよりも大きな金額で、「高すぎる」「ばかじゃないか」と言われ、ギリアドの株価は大きく下がった。臨床初期だからリスクもあったが、経営者が二人とも化学専門のサイエンティストなので、目利き力がある。そうとう自信があったのだろう。

――現在の開発品目は?

一つ重点を置いているのは、肝臓の領域。C型肝炎は、グローバルでは治療期間を12週間よりも短縮するための臨床試験も進んでいる。新しいB型肝炎の薬も、国際共同治験により世界同時進行で開発している。日本では、食生活が欧米型になって増えているNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の治療薬の臨床試験を行っている。肝硬変、肝がんも含め、肝臓周りは全部手掛けている。肝臓の領域のプロジェクト数としては、世界トップだと思う。

そしていま立ち上げようとしているのが、がんの領域だ。がんでは、治すことを目標にしている。がん細胞のシグナル伝達を阻害するタンパク質をターゲットとする薬を開発している。昨年小野薬品工業からもその種類の化合物を導入した。

そのほかにも、潰瘍性大腸炎、不整脈などの開発品がある。治療法がなく、死に直結してしまう疾患をメインに開発している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT