1泊27万円!知られざる「超豪華病室」の世界

医療保険の入院給付金では賄えない

「これが病院?」と思わせるほどに豪華な内装の病室 (撮影:尾形 文繁)

病気で入院するときの費用を大きく左右する「差額ベッド代」。個室など少人数の特別な療養環境を求める場合に発生する費用のことだ。健康保険の適応外で、全額個人負担となる。

個室の場合、その1日当たりの平均費用は7563円(2013年7月1日現在、厚労省・中央社会保険医療協議会)。2~4人部屋だと1日当たり平均2000~3000円程度となっている(同)。

ただ、差額ベッド代は病院によって差が大きく、平均値では実態がつかめない。最低額はわずか100円。最高額は福岡県北九州市の小倉記念病院の特別室で、1日当たり36万7500円(2013年、税込み)、1泊2日だと73万5000円にもなる。高級ホテルのスイートルームに匹敵する金額である。

“高級病室”は全国に34存在

週刊東洋経済2015年7月11日号(6日発売)の特集は『トクする保険 ソンする保険』です。保険を見直す簡単な方法や、相続・争族対策など保険の気になる今を52ページで総まくりしました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

全体で見れば、一般的な医療保険の1日当たりの入院給付金(5000~1万円)でカバーできる、1日1万0500円以下が9割近くを占める。一方で、1日10万5001円以上の差額ベッド代が発生する“高級病室”が全国に34ある。

週刊東洋経済は7月11日号(6日発売)で『トクする保険 ソンする保険』という特集(全52ページ)を組んだ。その取材に関連して、高級病室のうち2つの個室と、高級度は下がるが、お姫様になった気分が味わえそうな個性的な病院に潜入した。普通の人では、なかなか伺い知れないこれらの実態をお伝えしよう。

1つ目は、インパクトのある山の形をした、東京都新宿区戸山の国立国際医療研究センター病院。エイズをはじめとする感染症、糖尿病・代謝性疾患、肝炎・免疫疾患に強く、40以上の診療科を有する総合病院だ。

次ページエグゼクティブフロアにある病室は1泊27万円
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT