バーバリーCEOの高額報酬、今度は「可決」

英国の高級ブランドで起きていること

Burberryの春夏コレクション

[ロンドン (ロイター)] - イギリスの高級ブランド、バーバリーの投資家の大多数が、16日木曜日、最高経営責任者クリストファー・ベイリー氏への数百万ポンドの包括決定賃金支払いに賛成した。昨年、同氏への報酬方針に反対したときとは対照的だ。

ベイリー氏はイギリスのFTSE100種総合株価指数に上場する企業の最高給取りの重役の一人で、投資家らは同氏の高報酬を疑問視していた。

昨年は高額報酬への反対票が多かった

ベイリー氏の包括決定賃金の金額および体制は、昨年の年次株主総会における投票で投票総数の53%によって反対されたにも関わらず、投票は拘束力を持っていなかったため、賃金支払いが実施された経緯がある。

とはいえ、昨年の却下事件を受けて、同社は報酬方針について、より明確に説明しようとしてきた。

バーバリーに14年間務める有力者であるベイリー氏は、同社の成功に貢献してきた結果、昨年チーフ・クリエイティブ・オフィサーおよび最高経営責任者に昇格し、アップルに移った前最高経営責任者のアンジェラ・アーレンツの跡を継ぐこととなった。

16日にロンドンで行われた今年の株主総会では、投票総数の92.3%が同社の報酬報告に賛成し、反対票はわずか7.7%だった。

次ページ受け取る可能性のある報酬は莫大
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT