脱「バーバリー」依存、浮沈かかる三陽商会

新たなブランド戦略でV字回復なるか

発表会ではホテル「ザ・リッツ・カールトン・東京」の中に”売場”をつくった

10月中旬に三陽商会が行った「マッキントッシュロンドン」の発表会は異例づくしだった。同社としては初のホテル開催。全国の百貨店から通常の2倍以上の900人が詰めかけ、売り場担当者に加え、各店の店長や社長までもが足を運んだ。

それもそのはず。マッキントッシュは、「『バーバリー』の売り場に取って代わるブランド」(杉浦昌彦社長)で、三陽の命運を握る新ブランドだからだ。

16年度は20億円の営業赤字

1970年からライセンス展開してきた「バーバリーロンドン」は、全国の百貨店に300の売り場を持つ屋台骨のブランドだった。だが今年5月、2015年6月末でのライセンス契約終了が決まった。これを受けた向こう5年間の業績見通しによると、バーバリーの秋冬商品販売がなくなる15年度に営業利益は急減。春夏商品もなくなる16年度は20億円の営業赤字に転落する見込みだ。

その後はV字回復を想定しており、18年度には今期と同レベルの利益水準を描く。復活の立役者と位置づけるのが、マッキントッシュ。バーバリー売り場の7割をこのブランドで継承し、15年半ばから3年半で年商200億円と、同社最大のブランドに育成する方針だ。

次ページマッキントッシュのブランド力は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。