コマツはここまでやる! 中国建機市場トップへの執念

資本関係も出資先が一人前になれば解消。コマツ以外とも取引し、規模拡大の経済効果を還元してもらう。梶谷鉄朗・中国副総代表(生産・調達担当)は「三一のようなライバルとの取引も大歓迎。コマツのサプライヤーだといえば、どこでも信頼されますから」と言う。コマツのサプライヤーへの姿勢は温情によるものではないが、少なくとも今の三一には決して思いつかない「ウィン・ウィン」の思想が根付いている。

ITで偽物撃退 「最高値」を守る執念

コマツの機械は20トンクラスの油圧ショベルで100万元(約1300万円)。新車価格としてはキャタピラーと並び、中国市場で最も高い。これは建設機械にかかわる人なら誰でも知っている“常識”だが、ある面では間違っているともいえる。なぜならコマツの建機は、数年間稼働させた後に中古車両として売却した場合、最も高い下取り価格で引き取ってもらえるからだ。

実際の下取り価格は車両の状態によるが、きちんとメンテナンスされていれば新車の7掛けで引き取られる。しかもコマツの機械は故障が少なく、より多くの日銭という目に見える価値ももたらす。つまり購入から売却までの総費用で見た場合、最も「お得」なのがコマツの機械である(表参照)。 

  

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT