コマツはここまでやる! 中国建機市場トップへの執念

資本関係も出資先が一人前になれば解消。コマツ以外とも取引し、規模拡大の経済効果を還元してもらう。梶谷鉄朗・中国副総代表(生産・調達担当)は「三一のようなライバルとの取引も大歓迎。コマツのサプライヤーだといえば、どこでも信頼されますから」と言う。コマツのサプライヤーへの姿勢は温情によるものではないが、少なくとも今の三一には決して思いつかない「ウィン・ウィン」の思想が根付いている。

ITで偽物撃退 「最高値」を守る執念

コマツの機械は20トンクラスの油圧ショベルで100万元(約1300万円)。新車価格としてはキャタピラーと並び、中国市場で最も高い。これは建設機械にかかわる人なら誰でも知っている“常識”だが、ある面では間違っているともいえる。なぜならコマツの建機は、数年間稼働させた後に中古車両として売却した場合、最も高い下取り価格で引き取ってもらえるからだ。

実際の下取り価格は車両の状態によるが、きちんとメンテナンスされていれば新車の7掛けで引き取られる。しかもコマツの機械は故障が少なく、より多くの日銭という目に見える価値ももたらす。つまり購入から売却までの総費用で見た場合、最も「お得」なのがコマツの機械である(表参照)。 

  

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。