3年ぶり「iPod touch」の意外に重要な役割

iPhoneの影武者は「Android崩し」の尖兵に

しかし、インセンティブ付きの販売形態が主流の携帯電話端末業界でiPhoneが確固たる地位を築くようになると、その位置づけ、存在意義が毎年問われるようになった。2012年10月……すなわち3年近く前にiPhone 5と同時期に登場した時にも「これが最後のiPod touchになるのではないか」と言われたものだ。

インセンティブ販売が行われない音楽プレーヤーの場合、価格面での魅力を出しにくいこともあるが、高性能なiPod touchはiPhoneのセールスにも影響を及ぼす可能性があると考えられたからだ。

その後、iPhone 5、5S、6/6 plusと歩む中で、iPod touchの必要性は常に問われ続けてきた。おそらくラインナップに存在していなくても、さほど大きな影響はないように思える製品だ。

しかしアップルは、iPod touchに新しい役割を与えた。まだ携帯電話を買い与えられない子ども向け、あるいはAndroidスマートフォンなど他プラットフォームのスマートフォンを使う利用者向けに、アップルの作るエコシステムへの入り口を作ることにしたのだ。

ポータブルゲーム機として秀逸

新しいiPodファミリー

第6世代のiPod touchは、カラーバリエーションを除けば従来機種との外見上の違いはない。4インチのディスプレイサイズや解像度、88グラムという重さも同じ。メカニカルな特徴に変わりはなく、また従来機種と同じくGPSを搭載していない。しかし、iPhone 6と同じA8プロセッサ(動作クロック周波数は違う可能性がある)、800万画素CMOSセンサー搭載カメラを搭載。GPUの能力は10倍、CPUは6倍にパフォーマンスアップした上、アップルがiOS上のゲーム向けに提供している「Metal」という技術に対応させることで、ポータブルゲーム機としての可能性も拡げている。

iPhone 6と同じくM8コプロセッサも搭載されている。これは歩数や移動距離といった、各種センサー情報の記録を、メインプロセッサなしで継続して行うためのもので、今後、iOSでの活用が拡がっていく予定だ。

次ページiPhone 6との差は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?