「見える金融」は広がるか、鎌倉投信の100年計画

同社によると、「いい会社」の選定基準は、人材を活かす会社、循環型社会を目指す会社、類を見ない技術やサービスを提供する会社、の三つ。人・共生・匠がキーワードだ。

「結い2101」の投資先は現在約30社。投資家から集めた純資産総額は7億円だ。新井氏は投資先を見つけるため、これまで300社近くを訪問。目指すのは投資家に100年間支持される長寿投信である。そのため「地味だが安定的に収益を上げる企業を選ぶ」がモットーだ。

もう一つの特徴、それは「金融の見える化」である。現在、国内で人気の公募投信は、多くがグローバル債券など海外資産へ投資する投信。為替ヘッジを組み合わせるなど複雑な仕組みの金融商品も多い。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT