富山県が急浮上!夏の人気観光地ランキング

最下位に沈んだのは、あの県だった

また奈良県が伸び率2位につけている。これは、今年が高野山開創1200年の節目となっていることが追い風になっているようだ。弘法大師空海ゆかりの地である高雄山寺(京都府)の高雄エリアが前年同期比121.9%増、吉野山(奈良県)の奈良南部エリアが同67.4%増と、注目が高まっている。

最下位は奈良県から佐賀県へ

奈良県が伸びたことで、宿泊予約の最下位は奈良県から佐賀県へと変わった。とはいえ、佐賀が観光面で遅れているわけではない。佐賀空港は中国からの観光客からの受け入れ玄関として賑わいをみせており、佐賀発の長距離バスの予約は好調だという。しかし、宿泊という点では、こうしたインバウンド顧客の恩恵をあまり受けていないようだ。

本記事は、楽天トラベルの提供データを元に作成しています

なお楽天トラベルの調べによると、7月15日~8月31日の宿泊数合計は、前年同期比35.4%増と好調に推移しているという。円安により海外旅行が割高になり相対的に国内旅行の人気が高まっていること、海外から日本国内にやってくるインバウンドの外国人観光客が増えていることなどが、その要因として考えられそうだ。

今年の夏旅行の宿泊単価は昨年夏休み比で4.4%増と、高単価傾向になっている点も特徴。早期予約の傾向も高まっており、予約リードタイムが90日以上前の予約が昨年の夏よりも49.8%も伸びている。宿泊施設側が早期予約割引を充実させていることも大きな理由だが、それだけ計画的に休みを取って計画を練る人が増えている、ということだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。