GEが重視する“4つのE”を満たす人材は、やはり優秀なリーダーだと思います--織畠潤一 シーメンス・ジャパン代表取締役社長兼CEO(第4回)

GEが重視する“4つのE”を満たす人材は、やはり優秀なリーダーだと思います--織畠潤一 シーメンス・ジャパン代表取締役社長兼CEO(第4回)

--これまで多くの会社で働いてこられました。会社のカラーは全て違うと思いますが、経営のコツや共通点はありますか。

会社のカルチャーや事業が違っても、おさえるべき共通項はあります。「成長」、「人材の活性化」、「コンプライアンス」という3点を私は大切にしています。シーメンスに入ったときもまずこの3つは自己紹介とともに社員に伝えましたし、今後も繰り返し訴え続けていこうと思います。

また、どの企業でもグローバルでカルチャーやバリューが定義づけられていますが、それを自分の言葉で語りかけ、社内で共有させることもトップの重要な役割です。自社のバリューやカルチャーに基づいてベストな人材を採用し、彼らを伸ばすことも一体感を生み出す上で重要です。

ただし、人材は多様です。あくまでダイバーシティを前提に絆を求めるには、カルチャーとバリューが重要だということです。

もう1つ、なでしこジャパンを見ていても思いましたけど、スキルも大事ですが強い気持ちが重要ですよね。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、仕事を好きになって楽しもうということも常に言っています。

--部下のモチベーションを上げるにはどうしたらよいでしょうか。

例えばマッキンゼーのようなコンサルティング会社なら、やっていることの意義がわからない、クライアントに提言しても実現しない、実施するスピードが遅いなど、モチベーションがあがりにくい状況は往々にしてあります。事業会社も、会社の業績が上がらないとき、品質問題を抱えているとき、同じ問題を繰り返し起こすときなどは当然モチベーションが下がります。

特に外資系メーカーの宿命ともいえますが、高品質・高機能を求める日本市場を十分理解せず、例えば発展途上国向けと同じような品質のものを投入してクレームやリコールが生じてしまったときなどはモチベーションの維持が難しい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT